特集

鉄道車両陸送見学イベント「道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト」(山口県下松市)

  •  
  •  


 2019年7月14日、下松市で\鉄道ファン必見/のビッグイベント 「道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト」が開催されます。

 JR各社の新幹線をはじめ、在来線、地下鉄、モノレール、海外の高速鉄道車両などが、この山口県下松市で製造されているってご存知でしたか?
そんな「鉄道産業のまち 下松」を全国に発信しようと企画された鉄道車両の陸送イベント。 下松で製造された英国向け高速鉄道車両「Class800シリーズ」が、専用トレーラーに載せられ、観客の見守るなか日中に陸上輸送されます。

 「鉄道産業のまち 下松」の誇る技術の結集により製造された高速鉄道車両が、鉄道発祥の地「英国」へ旅立つ様子を世界に通じる地場産業への誇りと愛着を胸に体感しよう!!

陸送ルートおよび周辺図

下松駅前にある市民交流センター「きらぼし館」では、鉄道車両製造に取り組む協力企業をパネルで紹介するものづくりミュージアムを、くだまつスポーツセンターでは、陸送の様子を生中継する大型ビジョンを設置するほか、オリジナルグッズの販売ブースや飲食店ブースを出店します。 グッズ販売ブースが出店する下松市市民運動場周辺では、最大の観覧エリアを設け、 エンディングセレモニーを開催します。

陸送ルート

10:00‥‥陸送スタート (株)日立製作所笠戸事業所(正門)発
11:00‥‥下松第2埠頭到着予定

イベントエリア(くだまつスポーツセンター

9:00~14:00‥‥大型ビジョンでの生放送、飲食店・グッズ販売ブースなど

観覧エリア(下松市市民運動場横

11:00‥‥エンディングセレモニー 9:00~14:00‥‥グッズ販売ブース

ものづくりミュージアム(下松市駅南市民交流センターきらぼし館

9:00~14:00‥‥鉄道車両製造過程をパネル紹介

臨時駐車場について

※稼働時間 8時~15時(一部を除く)

▽クリックするとGooglemapが開きます▽
P1 JXTGエネルギー(420台)※入庫7時~9時、出庫12時以降~
P2 宮前グラウンド(200台)
P3 日立従業員駐車場(350台)
P4 下松市役所(155台)
P5 下松市民体育館(140台)
P6 下松市立公集小学校グラウンド(100台)
P7 末武公民館(30台)
P8 下松市勤労者総合福祉センター(80台)
P9 下松市市民運動場(600台)※入庫8時~10時、出庫12時以降~

観覧禁止エリアについて

安全確保のため、日立製作所前と埠頭入り口の交差点、切戸川仮設橋付近は車両の全面通行止めになります。

基本情報

イベント名 下松市制施行80周年記念 「道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト」
開催日 2019年7月14日(日)
時間 10:00スタート、11:00 到着予定
陸送ルート 日立製作所笠戸事業所(正門)から下松第2埠頭まで約2キロ
観覧エリア 下松市市民運動場周辺
イベントエリア くだまつスポーツセンター
ものづくりミュージアム 下松市駅南市民交流センターきらぼし館

  • はてなブックマークに追加