見る・遊ぶ

徳山動物園でゾウが引っ越し準備 新舎完成に向け鉄製輸送箱設置

クレーン車による輸送箱の設置の様子

クレーン車による輸送箱の設置の様子

  •  
  •  

 徳山動物園(周南市徳山)で2月26日、新ゾウ舎完成を前にゾウ2頭の引っ越し準備が始まった。

工事が進む新ゾウ舎の様子

 この日は、25トンつりクレーン車を使って鉄製の輸送箱2台をゾウ舎内に設置。今後はゾウ2頭をバックヤードから戻し、輸送箱の存在を確認させ、様子を見ながら出入り訓練を行うという。

[広告]

 輸送箱の大きさは幅約2メートル、高さ約3メートル、奥行き約4メートルで、重さは約3トン。1台は大分の九州自然動物公園「アフリカンサファリ」から借用し、もう1台は今回新たに製造した。

 2頭はスリランカゾウの「ミリンダ」(オス・11歳)と「ナマリー」(メス・12歳)。現在の体重はミリンダが3497キロ、ナマリー=2897キロ。2013年9月にスリランカから来園した。

 同園職員の重永和美さんは「ゾウ舎の隣にスリランカから来た当時の箱が置いてあるが、比べると今回用意した輸送箱は大きく、2頭の成長をうれしく思う。ミリンダもナマリーも国内最大規模となる新ゾウ舎を喜んでくれると思う。ゆくゆくは赤ちゃんが生まれて家族仲むつまじく暮らす生活を皆さんに見ていただけたら」と話す。

 新ゾウ舎の完成はゴールデンウィーク前を予定している。

  • はてなブックマークに追加