3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

下松のオーダー家具製作「工房 松ぼっくり」が3周年 デザイン・設計から製作まで一人で製作

木工作品を持つ小松さん

木工作品を持つ小松さん

  • 0

  •  

 オーダー家具・木工雑貨の製作販売を手掛ける「工房 松ぼっくり」(山口県下松市末武中、TEL 090-8711-0558)が10月、オープン3周年を迎えた。

ウォールナット一枚板のダイニングテーブル

 社長の小松直樹さんが工房兼展示販売店として2013年にオープンした同店。デザイン・設計から製作まですべてを一人で行い、テーブルや椅子などのオーダー家具、カッティングボードや写真立て、おもちゃなど、さまざまな木工製品で人気を集めている。

[広告]

 小松さんは8年前、14年間勤めていた鉄鋼メーカーを32歳の時に退職し、木工学校で家具の製造方法などを学んだ。34歳から家具職人として活動し3年前に同工房を立ち上げた。「もともと木工に興味があり、時間を見つけてはクラフト展や家具工房を訪ねていた。その時、子どもたちが木のおもちゃで楽しそうに遊ぶ姿を見て、自分も使う人が笑顔になれる作品や、一生を共にする家具を作りたいと木工職人を目指した」と振り返る。

 商品ラインアップは、「えとの置物」「スリムなトレー」(以上、2,160円)、カッティングトレー(2,500円)、カッティングボード(6,000円~)、「ふぉと時計」(1万円)、「書斎デスク(サイドテーブル、ワゴン含む)」(42万円),など。

 小松さんによると、3年間で一番思い入れの強い商品は、長さ235センチ、幅80センチのウォールナット材の一枚板ダイニングテーブルという。「立派なウォールナットの一枚板はなかなか巡り会うことができない。工業製品とは違い、同じ物は二度と作れない。一つ一つの作品に思いを込めて作ることが楽しい」と話す。

 営業時間は11時~18時。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home