見る・遊ぶ

周南・遠石八幡宮で「ぺぶるキャンドルナイト」 キャンドルのともりで結婚式も

境内を彩るキャンドルアート

境内を彩るキャンドルアート

  •  
  •  

 「ぺぶるキャンドルナイト2019 in といしの杜」が9月23日、遠石八幡宮(周南市遠石2)境内、遠石会館で開かれる。

願いを記し本殿に奉納する「神さまお願いキャンドル」

 主催は、「周南の街をもっと元気、周南で暮らす女性を応援したい」と活動する「ぺぶる編集室」と遠石八幡宮・遠石会館で構成される「ぺぶるキャンドルナイト実行委員会」。2005(平成17)年から続く同イベントは今年で15回目を迎え、毎年約2千人が訪れるキャンドルイベントとして地域の人に親しまれている。

[広告]

 会場には、遠石会館の結婚披露宴で使ったキャンドルで作られた4000個のキャンドルを設置。さまざまな模様に並べ、境内を彩る。雑貨店「暮らしの雑貨マーニ」店主で、ぺぶる代表の松原香織さんは「当初はキャンドルも500個と少なく小さなイベントだったが、現在は地域のボランティアさんのおかげで4000個に増えた」と話す。

 今回は、初の試みとして、公募により選ばれた結婚式を挙げていない夫婦の結婚式を遠石八幡宮本殿で行う。キャンドルに願いを込めて本殿に奉納する「神さまお願いキャンドル」やプロカメラマンが記念に撮影する「キャンドルナイトで奇跡の一枚」などの無料サービス(先着順)も展開。

 会場では周南市のビストロ「un verre(アンベール)」や洋菓子店「La petite mame(ラ プティット マメ)」などの飲食店や生花店、雑貨店、園芸店など約25店が出店する。飲食スペースも設ける。

 松原さんは「キャンドルのともりが揺れる幻想的な雰囲気の中、大切な人とゆったりとした時間を楽しんでいただけたら」と呼び掛ける。

 開催時間は、17時~21時。雨天時は、遠石会館内イベントのみ決行。当日は周南緑地公園の施設駐車場が臨時駐車場となる。境内駐車場はイベント会場となるため利用不可。緑地公園内、市民プール前からピストンバスの運行あり。

  • はてなブックマークに追加