見る・遊ぶ

周南で「萌えサミ9」 声優の下地さんが一日駅長、コスプレーヤー360人参加

一日駅長を務めた声優の下地紫野さん

一日駅長を務めた声優の下地紫野さん

  •  
  •  

 サブカルイベント「萌(も)えサミット9」が10月13日、周南の徳山駅周辺・中心市街地商店街で開かれた。

一日駅長を務めた声優の下地紫野さん

 周南市を漫画・アニメなどのサブカルチャーで盛り上げようと2011(平成23)年から毎年開催される同イベント。

[広告]

 JR徳山駅では、アニメ「アイカツ!アイドルカツドウ!」の大空あかり役などを演じた声優の下地紫野さんが「一日駅長」を務め、JR徳山駅の池田和久駅長、「まわりみなみ」公式レイヤー山中おくらさん、「くだりまつ」公式レイヤーのゆずみさんと出発式を行った。「アイカツ!」ファンの男性は「こんなに間近で見られるなんて都会ではあり得ないこと。一生に一度のチャンスに立ち会えてうれしい。下地さんのアナウンスに聞きほれて、ますますファンになった」と喜んだ。

 メインストリートの「みなみ銀座商店街」では、思い思いのキャラクターに扮(ふん)したコスプレーヤーで人だかりができ、さまざまなポーズを取りながら互いに撮影を楽しむ姿も見られた。

 初めてコスプレ姿で参加したという学生は「前髪をキャラクターに似せてカットするのが大変だった。街中でキャラクターになり切れて楽しい」と話し、来場者の写真撮影に照れながらも、キャラクターになり切り応じていた。島根県などから参加したというスマホゲーム「第五人格」のコスプレーヤーらは「普段撮影できないロケーションで撮影できてうれしい」と話した。

 そのほか、屋内駐車場「ピピ510」やライブ会場「RISING HALL」などでトークショーやライブ、eスポーツ大会が行われた。徳山駅前図書館ではプラモデルや、ゲームキャラクターが大きく描かれた「痛車」と呼ばれる車が展示され、多くの人でにぎわいを見せた。

 同日、徳山駅周辺では周南みなとまつりの集中イベント「ミナトのミーツ」も開催。部活帰りに家族と参加したという高校生は「初めて萌えサミに来たが、好きなアニメのキャラクターのコスプレーヤーさんがいてうれしい。じっくり見て回りたい」と話した。

 主催者によると、コスプレーヤーは約360人が参加し、約1万人が来場と発表した。

  • はてなブックマークに追加