食べる

岩国市周東の国道沿いにラーメン新店 トリプルスープの「深み」売りに

「塩」ラーメン、味玉子トッピング

「塩」ラーメン、味玉子トッピング

  •  
  •  

 ラーメン店「ラーメンファクトリー」(岩国市周東町西長野、TEL 0827-84-5588)が周南市との市境近く、岩国市周東町の国道2号線沿いにオープンして1カ月半たった。

卵の黄身が乗るチャーシュー丼(小)

 店主は、岩国市周東町出身の神足和宏さん。柳井市のラーメン店「のぉくれ」店主の弟で、同店には広島での料理修業を挟みながらも、立ち上げからスタッフとして関わり続けていた。「ラーメン店に限らず、いつかは自分の店を持ちたい」と考えていた神足さん、趣味も兼ねながら休日にスープの研究を続けていたところ、スープが完成。地元に良い物件も見つかったことから、出店を決意した。店名の「ラーメンファクトリー」は、ものづくりの職人のように、常に研究しながらラーメン作りを極めていきたいとの思いから名付けた。席数は、カウンター12席、テーブル席8席、座敷席18席の計38席を用意する。

[広告]

 ラーメンは、スープは国産丸鶏と魚介と昆布のトリプルスープに、フランス産ゲランド塩を使った「塩」(780円)、濃厚なたまりじょうゆを使った「醤油」(780円)、八丁みそをベースとしたスープにマー油を載せた「味噌」(880円)の3種類。製麺は京都の「麺屋棣鄂(ていがく)」に依頼。メニューごとに3種類を使い分け、塩はツルポキ系のストレート麺、しょうゆは小麦の風味が感じられる中太ストレート、みそはスープに絡み、もちもちとした食感が特徴のストレートの平打ち麺で提供する。

塩・しょうゆは真空低温調理した薄切りのチャーシューを、みそには厚切りチャーシューを載せる。大盛りは100円増し、トッピングには味玉子(100円)、チャーシュー3枚(200円)を用意する。サイドメニューには、ギョーザ(350円)、エビギョーザ(380円)、チャーシュー丼(小=380円、大=500円)、焼きおにぎり(150円)など。

 オープンから約1カ月半がたち、神足さんは「口コミのお客さまや常連さんなど徐々に広まっており、手応えを感じている。丸鶏・魚介・昆布のうま味がつまったトリプルスープ。飲む度に感じる深みとその調和を味わってほしい」と話す。

 営業時間は11時~14時30分、17時30分~21時。火曜定休(定休日が祝日の場合、翌日休み)。

  • はてなブックマークに追加