買う

周南・マリーナシーホースで初のマルシェ 海をモチーフにしたコラボグッズも

来場を呼び掛ける三牧さん(左)とシーホースの京瀧さん

来場を呼び掛ける三牧さん(左)とシーホースの京瀧さん

  • 40

  •  

 マルシェイベント「シーホースマルシェ」が11月16日、徳山湾沿いのマリーナ「京瀧マリーナシーホース」(周南市栗屋奈切)で開催される。

海をモチーフにした貝殻リース

 「しゅうなん海の駅」に指定されている同マリーナ。釣りやマリンスポーツも楽しめるほか、海が見渡せるレストランやチャペルも併設されており、ブライダルやパーティーとしても利用できる。多くの人にマリーナを知ってもらおうと、同イベントを初めて企画した。

[広告]

 当日は、1階エントランスホールと2階セレモニーホールに会場を設置。市内外の菓子店やパン店、雑貨店、手作り作家ら約10組が出店し、各店一押しの商品に加え、アクセサリーや雑貨、布小物など海をテーマにしたコラボグッズも販売する。新型コロナウイルスの感染防止対策として、エントランス入り口に受付を設け、検温やマスクの確認、連絡先の記入を呼び掛ける。

 出店は、「レストラン・シーホース」(ローストビーフ丼)、山口市のスイーツ店「タルト&カヌレ(エピスリートリイ)」(焼き菓子)、周南市のパン店「こむぎさんちのパン」、蒸しパン専門店「天然酵母の蒸しパン屋ふくぱん」、光市のカフェ店「moi」(キッシュ)、下松市の雑貨店「Hutte」(籠、スリッポン、雑貨)。「as and nonny」(革小物)、「つれづれ」(布マスクなど布小物)、「Colorful Wish」(プリザーブドフラワーを使った小物)、「aromastone azu」(アロマストーン、アロマスプレー作りのワークショップ)、「みまき屋」(アクセサリー)の手作り作家5組も出店する。

 シーホースマルシェ実行委員長の三牧ちひろさんは「徳山湾を一望できる最高のロケーションで、海を感じながら買い物を楽しんでいただけたら」と呼び掛ける。

 開催時間は10時~14時。