食べる

周南「こむぎさんちのパン」、中心市街地へ移転 イートインも可能に

来店を呼び掛ける土井政さん

来店を呼び掛ける土井政さん

  • 95

  •  

 パン店「こむぎさんちのパン」(周南市若宮町2、TEL 080-4262-0510)が1月16日、周南市須々万地区から中心市街地のPH通り近くに、移転オープンする。

「パン食い競争をする猫」の焼き印が付いた「プチ食パン」

 2018(平成30)年1月、店主の土井政あゆみさんは周南市須々万地区に同店をオープン。昨年4月~8月は、徳山銀座商店街の空き店舗に、紅茶専門店「5 tea pot(メイティーポット)」と期間限定店を開店。マルシェイベントなども自ら企画・開催し、イベントでは人だかりになるほどの人気の店となっていた。今回、より身近に立ち寄ってもらえたらと同場所に移転した。

[広告]

 白を基調とした店内には、木材とアイアンの質感を生かしたガラスショーケースを設置し、床はランタンタイルを使用。経年変化を楽しめるレトロな空間を目指した。新店舗では、イートインスペース6席や調理場を新たに設置。スープなども日替わりで販売する。

 ラインアップは、「パン食い競争をする猫」の焼き印が付いた「プチ食パン」、「シナモンロール」、「きなこパン」、「クリームパン」、「チョコパン」、「ベーグル(ジャム・クリームチーズ)」、ロールパンに生クリームとイチゴをサンドした「いちごサンド」、「焼きカレーパン」、「ビスケット」などを用意。注文を受けて入れる「カフェオレ瓶」も販売する。

 土井政さんは「期間限定店をきっかけに、商店街の人々との交流が増え、イベントの企画や今回の移転につながった。この繋がりを大切に日常的に利用してもらえるような店にしていきたい」と意気込む。

 営業時間は11時~17時(当面の間、11時~13時、14時30分~17時の2部制で行う)。水曜~土曜のみ営業。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース