見る・遊ぶ

周南・山崎八幡宮で花手水フォトコンテスト インスタ活用し全国に魅力発信

山崎八幡宮の花手水

山崎八幡宮の花手水

  • 48

  •  

 山崎八幡宮(周南市宮の前1)で現在、境内の「花手水(はなちょうず)」をテーマにしたフォトコンテストが行われている。

山崎八幡宮の御朱印と石鉢に浮かぶ花々

 同神社は昨年6月、コロナ禍で日常を過ごす参拝者の癒やしになればと、手水鉢(ちょうずばち)の水面に花を浮かべて飾る「花手水」の取り組みを始めた。同取り組みはその後、SNSや口コミで話題となり、若い女性やカップル、写真愛好家らが神社を訪れた。花手水フォトコンテストは取り組みから1年たつことから企画した。

[広告]

 コンテストへの参加はインスタグラムを通じて行う。参加者は、山崎八幡宮の公式アカウント(@yamasakihachimangu)をフォローした上で、ハッシュタグ「#山崎八幡宮花手水フォトコンテスト」を付けて写真を投稿する。すでに投稿した写真へのタグ付けも応募できる。最優秀賞者(1人)にはコンテスト限定の御朱印を贈呈する。

 全国的に花手水の取り組みが広がる中、写真愛好家であるLinaさんが同神社に提案。地元の人や全国で花手水の活動をしている仲間から、花の奉納を受け、ボランティアで同宮の花手水の管理をしてきた。

 Linaさんは「この花手水がきっかけで、山崎八幡宮を初めて知ったという市内の人や、遠方からわざわざ足を運んでくれた人もいた。これからも厳かな場を壊さないように、良さを全国に広めていきたい」と意気込む。

 応募締め切りは5月31日。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース