暮らす・働く

台風14号接近で船舶40隻が笠戸湾に避難 周南3市は避難所開設、警戒呼び掛け

多くの船が避難する笠戸湾

多くの船が避難する笠戸湾

  • 22

  •  

 台風14号が接近する9月17日昼過ぎ、下松・笠戸湾では多くの船舶が湾内に避難する様子が見られた。

笠戸湾には約40隻の船が避難 外史公園からの様子

[広告]

 周南市の大島半島と笠戸島に囲まれ「天然の良港」とも呼ばれ、台風時にも比較的穏やかな笠戸湾は、よく船舶の避難場所に選ばれてきた。

 17日13時ごろ笠戸島外史公園(下松市)の高台から確認したところでは、貨物船や小型タンカーなど40隻が湾内に停泊している様子が見られる。

 下関地方気象台によると、台風は18時から24時にかけて県内に最接近する見込み。周南3市(周南市・下松市・光市)は避難所を開設し、大雨や暴風、高波への警戒を呼び掛けている。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース