学ぶ・知る

徳山大学で特別講義「スポーツと歯科」 「口の健康管理はトップへの近道」

講義の様子

講義の様子

  • 15

  •  

 徳山大学のアスリートサポートセンターが9月16日、運動部の学生を対象に特別講義「スポーツと歯科」を行った。

講義を受ける学生ら

[広告]

 スポーツ庁の事業に採択され、学生アスリートの支援を目的に今年6月に開設した同センターが企画した。スポーツ選手にとってかみ合わせやかむ力がパフォーマンスに大きく影響することや、歯や口内のトラブル防止、適切なケア方法を知ってもらおうと、山口県歯科医師会常務理事で熊毛中央歯科(周南市高水原1)歯科医の山野渉さんを講師に招き開講した。

 講義には、レスリング部、柔道部、バスケットボール部、サッカー部などの学生100人が出席。歯科医の立場からスポーツ選手をサポートする「スポーツデンティスト」の資格を持つ山野さんが、オリンピック選手にはむし歯が少ないことや、歯の磨き方、破折や抜けたときの対応方法、スポーツドリンクの適切な摂取方法、マウスガードの効果などを具体的な数字や事例を挙げながら「口の健康管理はトップアスリートへの近道」と説明、学生らは熱心に聞き入った。

 同大4年で女子サッカー部の松久保葵子さんは「こんなにもスポーツと歯が関係していると思わなかった。マウスガードなども検討しながら歯を大切にしていきたい」と話していた。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース