見る・遊ぶ

周南市の競艇場で「ウォータースクリーンイリュージョン」 エンジン音とともに光の演出

6日に行われたリハーサルの様子

6日に行われたリハーサルの様子

  •  

 周南市の競艇場「ボートレース徳山」(周南市栗屋、TEL 0834-25-0540)で1月7日・8日、イルミネーションイベント「ウォータースクリーンイリュージョン2018」を開催する。

映像にはゾウも登場、周南市の名所などを織り交ぜた映像も

 昨年オープンした新中央スタンドの周知や来場促進を目的に、競走水面に水を霧状に噴出させたウォータースクリーンや噴水を設置し、高輝度プロジェクターによる映像とレーザー光線や音楽、噴水、LEDを装飾したボートによる演出を織り交ぜて幻想的なイルミネーションを作り出す。競艇場を使った同様のイベント開催は全国で3カ所目、同競艇場では初の開催となる。

[広告]

 高さ30メートル、横幅30メートルのウォータースクリーンを2基、高さ15メートルの直上噴水を10本設置。1回の公演は15分程度で、周南市のスローガン「共に」をテーマにしたオリジナル映像を上映する。

 同市競艇事業課の伊上慎一課長は「ボートレース場でしかできない演出。光と映像、音楽によるコラボレーションを迫力あるエンジン音とともに楽しんでほしい。市民の皆さまに新しくなったボートレース場に是非一度ご来場いただきたい」と呼び掛けた。

 開催時間は両日とも17時30分、18時10分、18時50分、19時30分、20時10分、20時50分の6公演。入場無料。