買う 暮らす・働く

徳山駅前施設の開設イベントに山崎まさよしさん 市街地を走る100円循環バスも

徳山駅前賑わい交流施設

徳山駅前賑わい交流施設

  •  

 周南市が1月4日、徳山駅前賑(にぎ)わい交流施設のオープニングイベントやオープンに向けての施策を発表した。

 2月3日にオープン予定の同施設は、蔦屋(つたや)書店とスターバックスコーヒーを併設する徳山駅前図書館を中心に、交流室、市民活動支援センターなどで構成する。

[広告]

 JR徳山駅と直結した利便性を生かし、にぎわいと交流の創出を目的に、年間120万人の利用を見込む。施設の管理運営はCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)が行う。

 同施設オープンに合わせ、新たにTカード機能を持った図書カードを発行する。受付会場は徳山駅南北自由通路をはじめ、福川、鹿野、新南陽、熊毛図書館や市内ゆめタウン(徳山店・新南陽店)など。受付日時は会場により異なる。徳山駅南北自由通路会場では1月6日から開館前日2月2日まで毎日受け付ける。受付時間は、平日=13時~20時、土曜・日曜・祝日=10時~18時。2月1日・2日は10時~16時。

 2月2日は、市民を対象に内覧会を行う。開催時間は9時30分~11時30分。

 オープンイベントとして、2月18日17時から、シンガー・ソングライターの山崎まさよしさんを招きミニライブを開催する。24日14時からは、同市出身の地域エコノミストで日本総合研究所主席研究員の藻谷浩介さん、25日15時からは、同館や道の駅「ソレーネ周南」を設計した建築家で東京大学名誉教授の内藤廣さんを招き講演会を開く。

 山崎さんは、滋賀県草津市生まれ山口県防府市育ち。上京する1992年まで同市のライブハウスを拠点に活動していた。

 各イベントは入場無料。定員は設けていないが、観覧者多数の場合は一部制限を行う。ステージ前の優先席は整理券が必要となる。整理券はイベント当日9時30分から配布する。受け取りには図書館カードが必要となる。

 同施設来訪者の回遊とにぎわいの促進を目的とする市街地循環バス「ちょい乗り100円バス」の実証運行を1月20日からは開始する。徳山駅から徳山動物園を15分間隔で運行。料金は1日フリー乗車券で大人=100円、小学生以下=無料。9月30日まで実証運行をおこない効果などを検証する。

 循環コース上には同施設開設に伴う市街地の駐車場不足解消を目的に、美術博物館近くに臨時無料駐車場を用意する。