買う

光市で「ニジマル」 作家や雑貨・飲食店など30店が出店、イベント限定品も

前回のイベントの様子

前回のイベントの様子

  •  
  •  

 マルシェイベント「ニジマル」が10月26日、光市の虹ケ浜海岸沿いにある「なぎさ公園」とその周辺で開催される。

「ニジマル」前回の様子

 主催は、地元の有志団体「NIJI LAB」。今年4月に同所で初開催されたのに続く2回目。前回は約6千人が来場した。虹ケ浜海岸沿いの道路を一部歩行者天国にし、山口県内外の飲食店や雑貨店、工芸作家など約30店舗が出店、イベント限定品などを販売する。そのほか、金属製の体鳴楽器「ハンドパン」、ベース、ドラムで編成される音楽ユニット「ellipse(エリプス)」による演奏も披露される。

[広告]

 出店者は、カフェ店「MUROZUMI BASE」、パン店「TSUKINOWA」、菓子店「自然派菓子工房NeiGe」、焼き肉店「七輪焼ホルモン えび壽」、ハンバーガー店「KUTI」、移動販売車「TukTuk Cafe」、農家民宿「fu do ku kan bamboo」、ジェラート専門店「Gelateria Kurakichi」などの飲食店やギャラリー・カフェ店「自由創作いとう」、ドライフラワー専門店「太陽樹林」、雑貨店「暮らしの雑貨マーニ」など。

 ワークショップブースでは、紙の造形作家「serafeee」によるブローチ作り、ギャラリーショップ「NANAMEUEnosoto」によるバードコール作り、革工房「Hearty」による「パンプキン型」タグ作り、生花店「保のか」によるエディブル・フラワー(食用花)すくい体験などがある。

 NIJI LABのスタッフは「各店こだわりのニジマル限定品も用意している。一日限りの百貨市で、地域に根付くプロの手しごとに触れ、体感していただけたら」と呼び掛ける。

 開催時間は10時~15時。

  • はてなブックマークに追加