食べる

周南・ほっこりカフェが移転 新メニュー「和風ちゃんぽん」も

来店を呼び掛ける平井さん(右)

来店を呼び掛ける平井さん(右)

  • 71

  •  

 山口県周南市の「ほっこりCAFE&ストレッチ」(周南市有楽町、TEL 0834-34-0130)が11月22日、移転オープンした。

新メニューの「和風ちゃんぽん」

 2016(平成28)年、みなみ銀座商店街にオープンした同店。ストレッチ指導と軽食を提供し、高齢者を中心とした憩いの場になっていた。徳山駅前再開発のため、徳山駅西側の老舗和菓子店「水木菓子舗」の向かいへ移転することとなった。

[広告]

 敷地面積は、約28平方メートル。大きな扇形のステンドグラスが印象的な店内は、カフェスペースとストレッチスペースを分け、ストレッチの利用者以外の人も入りやすい店舗を目指す。テーブル席16席とカウンター席8席。65インチのテレビを配置し、テレビ視聴のほか、スポーツ観戦やトークショーなどのイベントで活用する。

 ランチタイムには、「和風ちゃんぽん」(680円)や「ほっこりいなり」(1個100円)、「ばくだんおにぎり」(220円)、平日のみ「日替わりの定食」(550円)を用意。「和風ちゃんぽん」は、カツオと昆布の和風だしにたっぷりの野菜と豚肉をのせた麺料理で、途中で追加し味の変化を楽しむ「だし酢」は、地元のしょうゆメーカーと共に開発した。

 木曜~土曜のみ夜営業も始め、「おばんざい4種盛り」(500円)、「キュウリの出汁酢漬け」「イワシの佃煮」「萩ちくわの生姜醤油焼き」(以上200円)、「サバ味噌味醂焼き」「鶏焼肉」「鯛の出汁焼き」(以上400円)などの酒のさかなと、ビール(500円)やハイボール(400円)、チューハイ(380円)、ソフトドリンク(300円)などのドリンクを用意する。

 第3土曜は、店舗隣りの駐車場でナイトマーケット「有楽市場」を開催。12月19日は、キッチンカー2台が出店し、台湾料理や「ばくだん焼き」、ビールやホットワインなどの酒類の販売を予定している。

 同店を運営するPLUME(プリュム)代表の平井一也さんは「楽しいが有る町と書いて有楽町。幅広い世代の人々が集い、楽しめるまちづくりの拠点になっていけたら」と意気込む。

 営業時間は、ランチ=11時30分~14時、ディナー=17時30分~23時30分。月曜定休。

  • はてなブックマークに追加