買う

周南に子ども服のセレクトショップ 韓国製中心に、手作り作家のベビー小物も

淡い色合いの子ども服が並ぶ店内

淡い色合いの子ども服が並ぶ店内

  • 23

  •  

 韓国製の子ども服を販売するセレクトショップ「pine tree(パイン ツリー)」(周南市櫛ケ浜西本町、TEL 090-6170-6301)が12月15日、オープンした。

電器店「エディオン井川電機」駐車場内にある店舗外観

 店主の松本未歩さんは4児の母。現在、2歳~7歳の子どもがおり「少しでも安く、かわいらしいデザインの服を」とインターネットで探すうちに、韓国製子ども服の魅力に取りつかれ買い付けるようになったという。

[広告]

 2年前に、ネットショップを開設。昨年から、フリーマーケットやイベントにも出店し、どんな服が欲しいか客の声に応じて入荷していくうち、SNSなどでも口コミが広がり人気を集めた。在庫管理のための倉庫を探していたところ、自宅の近所に同テナントを見つけ、開店を決意した。

 場所は、櫛ケ浜駅から徒歩3分、西本町にある電器店「エディオン井川電機」駐車場内にある白い建物。白を基調としたナチュラルテイストの店内には、カットソーやトレーナー、ワンピース、ボトムスなど淡い色合いの韓国製子ども服が並び、地元作家によるベビー小物やアクセサリーなどの作品も取りそろえる。

 商品は、まだら模様の「ダルメシアントレーナー」(2,700円)、「ネックラインニット」(3,200円)、チェック柄のアウター(4,950円)、「ボアアウター」(子ども用=3,000円、大人用=4,000円)、「ベアースウェット」(2,700円)「ラウンドカーディガン」(3,300円)など。サイズ展開は60~130センチ。

 松本さんは「私の好みで集めたものばかり。シンプルでかわいい服がそろっているので、手に取ってみてほしい。今後は韓国製に限らず、日本製の服もそろえていきたい」と話す。

 営業時間は、10時~16時。火曜・日曜定休。

  • はてなブックマークに追加