暮らす・働く

周南・西京銀行、オンラインで県内の企業視察と観光組み合わせた「若旅」

参加を呼び掛ける同行スタッフ

参加を呼び掛ける同行スタッフ

  • 63

  •  

 西京銀行(周南市)は、大学生などを対象とする山口県内の企業視察と観光を組み合わせたオンラインツアー『若旅オンラインinやまぐち』を2月18日、19日に開催する。同行では現在、参加者の募集を行っている。

若旅オンラインinやまぐちのチラシ

 県交流人口の増加、就労・定住の促進と、観光市場の活性化を目的に2013(平成25)年から同行が主催する「若旅」事業。これまで過去7回の開催で、43大学から延べ212人が参加、訪問先企業に23人が就職している。

[広告]

 8回目となる今回は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、初めてオンラインで実施、山口県を東西2コース、2日間に分けて開催する。山口県が進める「新たな就職・採用スタイル推進事業」の一環として実施する。

 18日は、大晃機械工業(田布施町/機械製造業)、カシワバラ・コーポレーション(岩国市/建設業)、冨士高圧フレキシブルホース(光市/製造業)、アデリー(柳井市/卸売業)、赤坂印刷(周南市/印刷業)と県東部の企業5社を、翌19日は、生活協同組合コープやまぐち(山口市/生活協同組合)、大村印刷(防府市/印刷業)、日本セレモニー(下関市/冠婚葬祭業)、ヤナギヤ(宇部市/製造業)、長府製作所(下関市/製造業)と県西部の企業5社を訪問する。

 当日は、ビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を使い、各企業をライブ中継でつなぎ、経営者や若手社員のインタビューや、取り扱い製品やサービスの紹介、オフィスや工場の見学などを実施する。インタラクティブなコミュニケーションとして、チャットで学生からの質問なども受け付ける。また、企業訪問の間には、山口県内の観光名所を360度動画でのバーチャル観光や、参加者同士でコミュニケーションをとるレクリエーションなども用意する。

 同行担当者は「これまでは距離や費用的な問題で、遠方からの参加は難しかったが、オンライン開催となるので、就活中の学生さんにも気軽に参加してほしい」と呼び掛ける。

 定員は各日25人。締め切りは1月31日まで。応募者多数の場合は抽選となる。申し込みは、メールで受け付ける。詳しくはホームページで確認できる。

  • はてなブックマークに追加