学ぶ・知る

下松で東日本大震災復興イベント 岩手県釜石市と交流、テーマは「FOREVER」

チラシを持つスタッフ

チラシを持つスタッフ

  • 56

  •  

 東日本大震災復興イベント「第10回がんばろう日本フェア」が3月5日、下松市のゆめタウン下松(山口県下松市中央町)で始まる。

 東日本大震災復興支援と防災意識向上を目的に下松商業開発(下松市中央町、TEL 0833-45-1100)が主催する同イベント。10回目となる今回のテーマは「FOREVER」。

[広告]

 5日から1階・海の広場で、キッズフォトコンテストを開催。8日からは、「がんばろう日本フェア」のこれまでの取り組みや、市内の小中学生らで構成する環境活動クラブ「ほしふるまちのこどもエコクラブ」による活動報告を展示する。

 12日~14日は、1階・海の広場で恒例となっている「東北うまいもん祭り」を開催、岩手県釜石市を中心とした東北の特産物を取り寄せ販売する。

 13日は、下松市出身で萩市在住の防災士・工藤美佐さんとラジオDJの大和良子さんを招いたトークショーを行うが、新型コロナウイルス感染予防の観点から、同広場にある「しゅうなんFM」のサテライトスタジオから生放送する。防災についての心構えや備えなど、女性の視点を交えながら学ぶ「くだまつ防災女子トーク」を開催し、ケーブルテレビ「Kビジョン」で放送する。放送日時は3月22日~26日=9時、16時。

 14日は、10年間にわたり交流を続けた釜石市との「友情の絆」記念プレートを初披露
するほか、バイオリン奏者・上土居宏予さんと管弦楽団「ジャパン・チェムバー・フィルハーモニー」によるチャリティーコンサートを開催する。

 イベントを企画する平田智子さんは「震災から10年。イベントとしては一区切りさせていただくが、これからも東北地域との交流や防災意識を高める活動は積極的に継続していきたい」と話す。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース