見る・遊ぶ

徳山駅前図書館でラグビー日本対サモア戦PV 徳大ラグビー選手による体験も

来場を呼び掛ける徳山大学ラグビー部

来場を呼び掛ける徳山大学ラグビー部

  •  
  •  

 周南市徳山駅前図書館で10月5日、「ラグビーワールドカップ 2019 日本代表 対 サモア代表」のパブリックビューイングイベントが開催される。主催は、徳山大学ラグビー部、新南陽高校ラグビー部OB会、KRY山口放送など。

徳山大学で開催したPVイベントで解説するラグビー部員

 同日、19時30分から豊田スタジアム(愛知県豊田市)で行われる「日本対サモア戦」を同館2階のインフォメーションスペースのエキシビションで中継する。会場には、座って観戦できる人工芝コーナーや椅子を約100席用意する。試合前は、徳山大学ラグビー部選手25人による「ラグビー体験イベント」を展開。投球のコントロールを競う「ストラックアウト」やラインアウトのリフト体験などができる。試合中は、選手らによる解説も行われる。

[広告]

 9月28日、世界ランク2位のアイルランド代表を19-12で破り、2015(平成27)年のイングランド大会に続くジャイアント・キリングを達成した日本代表。同じ予選グループのスコットランドが9月30日にサモアに勝利したため、対サモア戦の結果が日本代表初となる決勝トーナメント進出に大きく左右する重要な一戦となる。

 徳山大学ラグビー部山田洋一監督は「周南市には、ラグビースクール、山口ジュニアラガーズ、新南陽高校、徳山大学、社会人チーム、過去には、日新製鋼にラグビー部もあり、世代を問わずラグビーを愛する人たちがいる。決勝進出を狙える大事な試合なので、周南の地から日本代表を応援していきたい」と意気込む。

 同会場横のテラスで、飲み歩きイベント「徳山駅前~出張夢横丁~」も同時開催される。

 開場は18時。入場無料。

  • はてなブックマークに追加