見る・遊ぶ

下松のダンススクールが発表会 バレエ「真夏の夜の夢」を披露

出演の生徒ら集合写真

出演の生徒ら集合写真

  •  

 周南市文化会館(周南市徳山)で7月29日、ダンススクール「ヨシムラダンスセンター」(下松市大手町2、TEL 050-3504-8181)生徒らによる発表会「yoshimura dance center the 7th Stage」が開催される。

「真夏の夜の夢」発表会ポスター

 元劇団四季メンバーのバレエ講師・礼(あや)よしむらさんが2004年に光市で開校した同ダンススクール。4年前に現住所に移転した。3歳から60歳代まで幅広い世代にクラシックバレエやジャズダンス、ボイストレーニングなど教えている。バレエコンクールやダンスコンテスト入賞者も多く、国外のバレエ学校に通う海外留学生や大学舞踏科合格者、テーマパークや劇団四季入団者など、優秀な人材を輩出している。

[広告]

 生徒85人と国内外で活躍するゲストパフォーマー6人を迎え、3部構成で上演する同発表会。第1部ではカナダのビクトリア・インターナショナル・バレエアカデミーに留学中の藤井柚里さんとアメリカのキーロフ・アカデミー・オブ・バレエに留学中の松原綾香さん(下松中学校1年生)たちによるクラシックバレエ、第2部ではゲストで元劇団四季の家元朋子さんがミュージカルを、生徒たちがコンテンポラリーダンスやジャズダンスを披露する。

 第3部では、ウィリアム・シェークスピア原作のクラシックバレエ「真夏の夜の夢」を上演する。ヴァルナ国際バレエコンクールで銀賞を受賞し、国立ロシアバレエ団のプリンシパルを務めた佐々木大さんや、新国立劇場バレエ団の福田圭吾さん、国内外で活躍する佐々木嶺さん、樋上諒さんをゲストに招き、妖精の女王・タイターニア役に網永真夏さん(光高校2年生)、ヒッポリータ役に清木花梨さん(下松高校3年生)、ハーミア役に佐々木風華さん(末武中学校3年生)、ヘレナ役に清水りさ子さん(附属光中学校2年生)、妖精パック役に村上冬一さん(附属光小学校5年)が演技を披露する。

 礼さんは「内容もブラッシュアップし公演として成立する仕上がりになっている。生徒たちの練習の成果をぜひ見に来てほしい」と呼び掛ける。

 14時30分開場、15時開演。第3部「真夏の夜の夢」は17時開演。入場無料。