食べる

周南・平和通近くに居酒屋「長州わらやき吉祥」 県内産の魚や肉をわら焼きで調理

わら焼きを行う羽形山店長

わら焼きを行う羽形山店長

  •  
  •  

 居酒屋「長州わらやき吉祥 徳山店」(周南市飯島町2、TEL 0834-31-5151)が8月26日、オープンした。

厚切り牛タンのわら焼きステーキ

 運営は、宇部や周南、下松に日本料理店、居酒屋を展開する「吉祥」(宇部市東岐波)。同店は、新ブランドの1号店。県内産の魚介や肉をわらの炎で豪快に焼き上げる「わら焼き」料理をメインに提供する。

[広告]

 わら焼きはもともと、カツオのたたきを作る際、束にしたわらに火を付けてカツオの身の表面をあぶる調理法。店長の羽形山智士さんは「高温で一気に焼き上げるためうま味が凝縮し、表面には薫製のような香りが付き、素材のうま味をより一層引き立ててくれる」と話す。

 場所は「炭火焼肉 ホルモン横丁 徳山店」隣。店舗面積は約82坪、席数は掘りごたつ席など100席。全席個室で、2階の宴会個室では70人までの利用に対応する。

 主な「わら焼き」メニューは、素材をわら焼きにし萩の塩で食べる「とらふぐ」(698円~)、「周防ハモ」(861円)、「剣先イカ」(969円)、「近海カツオ」(861円)、「三崎マグロの頬肉」(753円)、「長州鶏」(645円)、「長萩和牛」(1,382円)など。

 炉端で串に刺した食材を炭火焼きにする「原始焼き」メニューは、「のどぐろ」「マナガツオの味噌(みそ)漬け」「甘鯛(あまだい)一夜干し」(以上1,058円)など。

 剣先いか、瓦そば、周防はも、長州鶏、むつみ豚など県内産の食材を取り入れ、お通しからデザートまで「山口を感じる」コース(飲み放題込み、3,500円~)も用意する。

 日本酒メニューは、獺祭や雁木、貴、五橋、原田などの地酒をはじめ、久保田万寿、雨後の月、八海山、船中八策など全国各地の地酒(480円~)もそろえる。そのほかのドリンクメニューは、二階堂、わんこ、黒丸、黒霧島などの焼酎(各429円)、生ビール(498円)、角ハイボール(199円)、カクテル(429円~)、ワイン(グラス、398円)など。

 羽形山さんは「県産の食材や料理をたっぷり用意しているので、山口の新たな魅力発見につなげていただけたら」と呼び掛ける。

 営業時間は17時~24時。

  • はてなブックマークに追加