3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

周南でアパレルショップがマルシェイベント 周南市・光市で同時開催

アパレル店「Droite」の看板猫とイベントフライヤー

アパレル店「Droite」の看板猫とイベントフライヤー

  • 73

  •  

 マルシェイベント「赤いきつねと緑のマルシェ」が6月13日・14日、アパレルと飲食の複合店「Droite et Gauche(ドロワット エ ゴーシュ)」(周南市花畠町4)で開催される。

アパレルと飲食の複合店「Droite et Gauche」外観

 主催はアパレルセレクトショップ「CONFECTION(コンフェクション)」(光市虹ヶ丘)。会場は周南市美術博物館の近くにある同ショップの周南店が入店する施設。自社ブランド品やセレクト商品を販売するほか、施設前の駐車場に「こむぎさんちのパン」(パン)、「moi」(キッシュ)、「Ylang Ylang」(生花)、「百日紅」(焼き菓子)、「Gelateria Kurakiche」(ジェラート)、「食堂リズム」(コーヒー、サンドイッチ)「HAND FARM RANCH MARKET」(野菜)、「5tea pot」(鹿野紅茶)の8組が出店する。

[広告]

 同日、来場者の分散を目的に姉妹イベント「Hand in handマルシェ」を光市で開催する。会場はアパレルショップ「Droguerie IKEOKA(ドゥログリー・イケオカ)」(室積市延)。メンズセレクトショップ「relife」(メンズ服)、「mirukona+mirukuru」(リバティ布小物)、「Every day is like Sunday」(生花)、「ミスターパンヤ」(パン)、「山田菜園」、「麻野農園」(以上、野菜)、「ひなのやパン豆」(米菓子)、「food truck marchant」(カレー、ソフトクリーム)などが出店する。

 「Droite」のスタッフは「外出が難しい日々が続いたが、気分転換に両マルシェをはしごして買い物を楽しんでもらえたら」と呼び掛ける。

 開催時間は、「赤いきつねと緑のマルシェ」=11時~19時、「Hand in handマルシェ」=10時~18時。

Stay at Home