食べる

下松・望町にコーヒー専門店 「主役のコーヒーに合うクッキー」も

店舗外観

店舗外観

  •  
  •  

 下松市望町に10月30日、自家焙煎(ばいせん)コーヒー豆も販売するカフェ「コーヒーボーイ下松店」(下松市望町2、TEL 0833-48-5377)がオープンした。

ハンモックがつるされ遊び心のある店内

 徳山コーヒーボーイ(周南市二番町2)の7店舗の店として青木線沿いの複合商業施設「アクロスガーデン」に出店。同敷地内には先日オープンした洋菓子店「シャトレーゼ下松店」と11月2日オープン予定の文具雑貨店「クロスランド下松店」がある。店舗面積は49.5平方メートル。白を基調とした開放感のある店内にはハンモックがつるされ、遊び心のある空間に仕上げた。席数は8席で、店外にもスタンドを用意する。

[広告]

 自社工場で焙煎したコーヒー豆の量り売り(100グラム=440円~)やリキッドタイプの「百年珈琲(1000ミリリットル)」(600円)、ギフト商品、コーヒーグッズなどを販売。下松店初の試みとして店内に設置されたオーブンで作る「主役のコーヒーに合う、体に優しい素材を使ったクッキー」などの焼き菓子を販売する。卵や乳製品を使っていない「メープルナッツクッキー」(158円)、「チョコレートナッツクッキー」(176円)など。

カフェスペースでは、日替わりの「本日のコーヒー」(380円)、店頭のコーヒー豆から選べる「セレクトコーヒー」(400円)、薬品を使わずにカフェインを抜いた「カフェインレス・コーヒー」などを楽しむことができる。(価格は全て税別)

 今回の出店に際し、同社広報の山本統さんは「地元の人が気軽にコーヒーを楽しめる、地域に根付いた店にしていきたい。そして地域と共に元気になる店を目指し、生活の中にコーヒーがある幸せを広めていきたい」と意気込みを見せる。

  • はてなブックマークに追加