食べる

光市に夏季限定ビーチクラブ エスニック料理提供、ワーキングスペースにも

山口県産の木材を使い建てられた店舗外観

山口県産の木材を使い建てられた店舗外観

  •  
  •  

 光市の虹ケ浜海水浴場(光市虹ケ浜)にビーチクラブ「kiilo(キーロ)」(光市虹ケ浜2、TEL 050-3700-9160 )が7月20日、夏季限定でオープンする。

山口県産の野菜で作った生春巻き

 運営は和田材木店(光市浅江5)。山口県産の木材を使った組み立て式の店舗で、面積は約90平方メートル。店長の和田佳奈美さんは「店名は『木の色』を意味し、木の香り豊かな店内で、人との縁をつないでほしいという願いから名付けた」と話す。

[広告]

 店内には、ソファ席やケヤキの輪切りテーブル席など合わせて40席を用意する。WiFiを完備し、ワーキングスペースとして利用できる。

 メインシェフは、神奈川県のカフェ「pukutto食堂」の坂口萌さんが務め、エスニック創作料理を中心に、アジアンスイーツ、フルーツカクテルなどを提供する。

 フードメニューは、生春巻きやチキンカレー、ガパオライス、シンガポールのスペアリブスープ「バクテー」、小エビの塩ゆで、玉ねぎをカットし丸ごと揚げた「オニオンブロッサム」など。ベトナムのローカルスイーツ「チェー」やジュレカクテルなども用意する。

 7月20日は、オープニングイベントとして、元劇団四季のソプラノ歌手・清水美也子さんによるライブを開催する。

 同27日は、虹ヶ浜花火大会の開催に合わせ、予約制のディナーコース(5,000円)を用意する。

 期間中は、周南市のジェラート専門店「ジェラテリアクラキチ」や山口市の中国茶屋「茶日月」とコラボイベントを開催する

 和田さんは「屋外空間を心地よく満喫いただけるようさまざまな企画を用意している。大人がゆっくりくつろげるぜいたくな空間になっているので、波音を聞きながらリラックスしていただけたら」と呼び掛ける。

 営業時間は11時~22時。オープニングイベントの開催時間は19時~20時30分。観覧無料。8月31日まで。

  • はてなブックマークに追加