見る・遊ぶ

下松で一人芝居「宮川サキのキャラクター大図鑑」 役者落語一門による寄席も

「おうちCafe 4038」にて来場を呼び掛ける梅本さん

「おうちCafe 4038」にて来場を呼び掛ける梅本さん

  •  
  •  

 宮川サキさんの一人芝居「キャラクター大図鑑2019」が5月2日、カフェ店「おうちCafe 4038(ヨンゼロサンハチ)」(下松市末武下、TEL 080-1645-4038)で上演される。

「おうちCafe 4038」で作品名「おさらい」を演じる宮川サキさん

 宮川さんは大阪を拠点にテレビや舞台で活動する役者。2014年より、自ら脚本・演出・出演する一人芝居「キャラクター大図鑑」の全国ツアーを開始。毎年全国各地で上演を重ねている。店主の梅本真里恵さんが、大阪の劇団で活動時に親交があった宮川さんを招き、2015年から同店での公演も続いている。

[広告]

 当日は、一人芝居を3本立てて演じるオムニバス形式で、昼の部と夜の部の2回上演する。宮川さんはこれまで、作品名「おかん」や「cafeバイト系女子」「プレゼン男」など15を超えるキャラクターを演じており、毎年増え続ける新作(キャラクター)を楽しみにしているファンも多い。

 梅本さんは「笑いあり、涙ありの一人芝居。ユーモアと洞察力に満ちたキャラクター描写がすさまじく、一人芝居なのに、周りに誰かいるような不思議な感覚に陥ることも。昼の部と夜の部で舞台の雰囲気も変わるので、見比べに足を運んでほしい」と呼び掛ける。

 5月3日は、落語好きな俳優による落語一門・焼酎亭一門の落語「4038(しおさば)寄席」を開催。梅本さん(焼酎亭塩鯖)をはじめ、礒嶋彰子さん(焼酎亭東洋美人)、西村朋恵さん(焼酎亭ウーロン)、峯素子さん(焼酎亭紅茶)、ののあざみさん(焼酎亭サングリア)、竜崎だいちさん(焼酎亭湯どうふ)、千田訓子さん(焼酎亭八海山)が出演するほか、宮川さん(焼酎亭七夕)が前説とおはやしを務める。

 「キャラクター図鑑」の開演時間は昼の部=14時、夜の部=17時。料金は2,300円(ドリンク付き、学生は1,300円)。「4038寄席」の開演は昼席=13時、夕席=16時。料金は1,300円(ドリンク付き、学生は1,000円)。チケットは同店などで販売する。

  • はてなブックマークに追加