食べる

周南の青空公園前に「モダン酒場 浮星」 煮込み料理と手作りサワー売りに

青空公園前の店舗外観

青空公園前の店舗外観

  •  
  •  

 「モダン酒場 浮星(うきぼし)」(周南市飯島町2、TEL 0834-34-9339)が6月18日、青空公園前のセウアズールビル1階にオープンする。

店お薦めの煮込み料理「豚角煮串」

 運営は、下松市で「海鮮炉端と土鍋ごはん えびす」(下松市栄町3)などを経営する「植たお」。大衆酒場を現代風にアレンジしたという店内中央にはオープンカウンターを設け、カウンター席6席、テーブル席46席を用意する。

[広告]

 店長の上田優宗さんは「おいしい料理を提供できるよう、北海道の仲卸業者や農家から仕入れた魚や野菜を使うなど、仕入れ先にこだわりを持ち、料理からサワーに至るまで出来合いはなるべく使わず、手作りを心掛けている」と話す。

 メニューは、店お薦めの「牛すじの煮込み」「豚角煮串」「牛タンホロホロ煮」などの煮込み料理のほか、「厚切り牛タン」(980円)や「イチボのタタキ」(1,200円)、「長州鶏の一夜干し」(400円)などの肉料理や「和牛の土鍋」(1,980円)、「はらこ飯(鮭といくら)」(1,200円)などの土鍋ごはん、「ごまカンパチ」(720円)、「ウニといくらの煮玉子」(400円)などの海鮮料理も用意する。

 ドリンクは、広島の国産レモンを使ったレモンサワー(480円)、同店オリジナルの「浮星サワー」(450円)、「桜尾ジン」(広島)や「KOZUE-槙」(和歌山)、「和美人」(鹿児島)などの国産クラフトジン(600円~)、「ホッピーセット」「赤玉パンチ」などの「下町ドリンク」(400円~)、日本酒(1合、850円)、焼酎(400円~)などをそろえる。

 上田さんは「手作りサワーと煮込み料理が自慢の酒場。星空を連想させる店内で、うきうきワクワクするような時間を楽しんでいただけたら」と呼び掛ける。

 営業時間は17時30分~24時。日曜定休。

  • はてなブックマークに追加