食べる

周南「炭火やきとん 源太郎」 10周年に向けリニューアル

白ベースから黒色の看板に変わった店舗外観

白ベースから黒色の看板に変わった店舗外観

  •  
  •  

 周南の串焼き店「炭火串焼きやきとん 源太郎」(周南市銀南街、TEL 0834-31-8666)が12月28日、リニューアルオープンする。

串盛り合わせやほっけ炭火焼、揚げだし豆腐など

 2010(平成22)年4月、豚や鶏などのさまざまな部位を使った串焼き専門店としてオープンした同店。「素晴らしきかな人生」や「西京萬天」、「洋風肉居酒屋 乾杯!ニクノミコト」などの居酒屋を山口県内で展開する「エブリシング」(周南市新町2)が運営する。

[広告]

 来年10年目を迎えるに当たり、看板や店内の壁紙、床を改装。茶色を基調にした壁は、1面を黒色にしアクセントを加えた。店長の櫨義洋さんは「全面に貼られたポスターも外し、広く感じる店内になった」と話す。席は、座敷32席、テーブル14席、カウンター6席を用意。白ベースから黒に変更した看板には、山口店や宇部店など他4店舗を記した山口県地図が描かれている。

 島根県石見地方の豚を使った「やきとん串」のメニューは、「塩レバー」「霜降りタン」「タンなんこつ」「ガツもと」「てっぽう」「豚バラ」「のどもと」「ガツ」など約20種類。「鶏もも」「鶏ささみ」「手羽先」「ささみ」など長州鶏を使った「やきとり串」もそろえる。価格帯は127円~173円。

 サイドメニューは「トントロ豚平焼き」(545円)、「炙(あぶ)りネギ塩豚タン」(600円)、「あさりバター」(545円)、「アスパラとチーズの肉巻き天」(445円)、「牛ホルモンの天ぷら」(636円)、「食べる豚しゃぶ黄味ラー油」(400円)、「セセリの炭火焼」(582円)、「鶏鉄飯」(591円)など。

 店長の櫨義洋さんは「串焼き、サイドメニューともに種類豊富にそろえているので、常連さんはもちろん、まだ『やきとん串』を食べたことない人にも足を運んでいただけたら。宴会などに利用してほしい」と呼び掛ける。

 営業時間は18時~翌1時。

  • はてなブックマークに追加