学ぶ・知る

光・大和総合病院で「病院祭」 70周年記念しステージイベントや仕事体験も

「病院祭」に向け、来院を呼び掛ける職員ら

「病院祭」に向け、来院を呼び掛ける職員ら

  •  
  •  

 光市立大和総合病院(光市岩田、TEL 0820-48-2111)で9月7日、「病院祭」が行われる。

院内見学ツアーの様子

 1949(昭和24)年、国民健康保険診療施設として開設した同院。2004(平成16)年、旧光市と旧大和町の合併に伴い「光市立大和総合病院」に改称し、今年創立70周年を迎えた。地域住民と病院職員との交流を目的に開催する同イベントは、今年で9回目を迎える。

[広告]

 正面玄関ホールのメインステージでは、職員によるコーラスや、キッズダンス、島田人形浄瑠璃芝居保存会による人形浄瑠璃やマジックショー、ひかり吹奏楽団による演奏も披露される。

 中央棟6階の小会議室では、同院の看護師・東風浦芳江さんと言語聴覚士・中村綾子さんが登壇し、尿道カテーテルや栄養チューブがない生活を送れるよう同院で行っている「管を抜く取り組み」をテーマに講演する。

 小学生以上を対象とした「院内見学ツアー」や聴診、触診体験、包帯巻き体験が行える「ふれあい看護体験」や小中学生を対象にした「薬剤師の仕事体験」も行う。

 南館1階外の旧保健センター前では、模擬店を用意し、たい焼きやポップコーン(以上50円)、夏野菜カレー(150円)、ジュースなどを販売する。

 リハビリ棟1階の作業療法室では、手形アートでカレンダーづくりや革細工、折り紙を楽しめる工作コーナーや輪投げ、菓子釣りなどを用意する。

 同院職員の吉岡京子さんは「お子さんを対象にした仕事体験をはじめ、肌年齢や骨密度測定、肝炎ウイルス検査など、日頃気になっている健康状態もチェックできるので、気軽に足を運んでいただけたら」と呼び掛ける。

 開催時間は、10時~14時30分。肝炎ウイルスチェック、院内見学ツアー、薬剤師の仕事体験は予約制。

  • はてなブックマークに追加