見る・遊ぶ

岩国フレンドシップデーに16万5000人来場 航空ショーなど、迫力に驚きも

会場内の様子 「MV22オスプレイ」

会場内の様子 「MV22オスプレイ」

  •  
  •  

 基地開放イベント「岩国航空基地フレンドシップデー2019」が5月5日、米海兵隊・海上自衛隊岩国基地(岩国市三角町2)で開催された。

部隊のステッカーやワッペンなどオリジナルグッズを購入する様子

 日米親善を目的に毎年「こどもの日」に開催されている恒例イベント。晴天に恵まれたこの日は早朝から家族連れや航空機ファンらでにぎわいを見せた。来場者数約16万5000人(主催者発表)。

[広告]

 米海兵隊や自衛隊の航空機が展示された会場では、隊員ら交流し記念撮影をする様子や各部隊のステッカーやワッペンなどオリジナルグッズを購入する様子が見られた。

 航空ショーでは、空中でホバリングする最新鋭ステルス戦闘機「F35B」や大きな音を響かせ飛行する戦闘機「FA-18」、輸送機「MV22オスプレイ」から降りた海兵隊員が上空の戦闘機と連動しながら展開する海兵空地任務部隊(MAGTF)によるデモンストレーションなどを披露。会場では、大きな望遠レンズを高速で飛ぶ航空機に向け必死にシャッターを切るファンの姿などが見られた。

 広島県から来た20代女性は「初めて来たが、戦闘機のごう音と迫力に驚いた。ピザやハンバーガーもおいしく、米軍基地ならではの空間を楽しめた」と話した。

  • はてなブックマークに追加