3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

光市の福祉ショップ「はんぷ工房 結」が「夏の新作」販売 バックや雑貨など

アマビエの刺しゅうが施されたバッグを持つ久米さん

アマビエの刺しゅうが施されたバッグを持つ久米さん

  • 100

  •  

 光市の福祉ショップ「はんぷ工房 結(ゆい)」で7月1日、夏の新作バッグや雑貨などを展示販売する「結の夏コレ」が始まった。

水彩模様を一枚一枚手書きした「絵の具バッグ」

 障がい者福祉施設「光あけぼの園」(光市木園1、TEL 0833-74-3333)が運営する同店。刺しゅうや縫製などを得意とする利用者で構成するバッグ製作グループの直売所で、店内には帆布バッグやポーチ、マスクなど雑貨やアート作品が並ぶ。

[広告]

 新作のテーマは「元気に夏を過ごそう」。水彩模様を一枚一枚手書きした「絵の具バッグ」や久米文子さんが描いた「落書きバック」、アマビエを刺しゅうしたポーチ、「周南あけぼの園・アトリエnon」所属の徳原望さんが描いたオウムや羊がプリントされたマスクなどを用意する。

 店内ではこのほか、神奈川と岡山の障がい者福祉施設からデザイン雑貨なども取り寄せ販売する。「楽しく手洗いを」と「リンクライン」(神奈川)が製造する貝殻やアイスキャンディー型の石けんや、「涼しさを感じて」と「うらやすガラス幸房」(岡山)の吹きガラスのグラスや花びんなども販売する。

 同店スタッフの阿座上涼子さんは「コロナ禍ではあるが、夏を楽しめる、明るい気持ちで過ごせるようなアイテムをそろえた。みんなの力作をぜひ手に取ってほしい」と呼び掛ける。

 営業時間は、平日=10時~17時、土曜=10時~16時30分。日曜・祝日定休。7月31日まで。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home