見る・遊ぶ

周南でサブカルイベント「萌えサミット8」 「ニコニコ町会議」とコラボ

来場を呼び掛ける公式キャラクターの「まわりみなみ」と「くだりまつ」

来場を呼び掛ける公式キャラクターの「まわりみなみ」と「くだりまつ」

  •  

 サブカルイベント「萌(も)えサミット8」が10月8日、周南の中心市街で「ニコニコ町会議」と同時開催される。

「ニコニコ町会議」のライブステージの様子

 「萌えサミット」は、周南市をサブカルチャーで盛り上げようと2011年から毎年開催している。

[広告]

 「ニコニコ町会議」は、ドワンゴ(東京都中央区)が運営するインターネット動画投稿サイト「ニコニコ動画」のコンテンツをテーマとするユーザー参加型イベントで、動画コンテンツの再現や、ゲーム、展示、コスプレ、ダンス、ネットアイドルによるライブなどを展開している。

 徳山銀座中央駐車場(周南市銀座2)では、「ニコニコ」で活動している歌い手、踊り手、ゲーム実況者などがステージに登場する「町ライブステージ」や、DJブースを備えた「町ミュージックカー」から流れる曲に合わせて踊る「町踊ってみた広場」、専用の車内で来場者がVRを使いバーチャルキャラクターになり、Vチューバーと会話できる「町バーチャルキャストカー」などを用意。イベントの様子は「ニコニコ生放送」で全国放送する。

 JR徳山駅では、アニメ「ドラゴンボール」のピッコロ役や「うる星やつら」の諸星あたる役などで知られる声優の古川登志夫さんが「一日駅長」を務め、発車アナウンスを行う。

 銀座通のメインステージでは、古川さんのトークショーやアイドルグループ「究極少女カラット」、「COLORLESS」、「Yamakatsu」や「萌えサミバンド(仮)」、「DJイベ&おどってみた」によるライブを展開する。

 「ピピ510」(周南市糀町1)では、浮世絵風のイラストで知られる山田全自動さんの個展やサイン会、喫茶などを用意し、ロボットアニメキャラクター・戦車などのプラモデルの展示、同人誌販売などを行う。

 コスプレ参加者は県内外から250人を予定しており、JR徳山駅ホームや電車内、徳山駅前図書館内の一部箇所で撮影が可能となる。

 イベント実行委員会代表の今治総一郎さんは「今回はドワンゴとの共同開催になり、過去最大規模のイベントになると思う。県内外から参加された方が周南市の魅力を感じ、また行きたいと思っていただけるようなイベントにしていきたい」と意気込む。

 開催時間は10時~16時。銀座通のメインステージと「ピピ510」のイベントには共通パスポート(1,000円)が必要。パスポートは各会場や「まちのポート」(みなみ銀座1、TEL 0834-22-8691)などで販売する。「ニコニコ町会議」は入場無料。