見る・遊ぶ

徳山駅前図書館でイベント月間「周南きさらぎ文化祭」 開館1周年で

来館を呼び掛ける櫻澤館長(左)

来館を呼び掛ける櫻澤館長(左)

  •  
  •  

 徳山駅前図書館(周南市御幸通)で2月1日、開館1周年記念イベント「周南きさらぎ文化祭」が始まる。主催は同館と市民活動支援センター。

新米猟師・ライターの畠山千春さん

 2月をイベント月間とし、土曜・日曜・祝日を中心に開催。伝統芸能や芸術、音楽、美容と健康、まちづくり、子育てなどをテーマに、館内でトークイベントや発表会、ライブなどを行う。

[広告]

 2日14時からは、山口大学国際総合科学部特命教授、福屋利信さんのトークショー「音楽社会学でJ-POP!」(要整理券)。3日13時からの「ほっこり寄席」(要整理券、参加費500円)では、落語家・三遊亭とむさんによる落語と、工作芸人「できたくん」による発泡スチロール芸を披露。2階インフォメーションスペースで「餅まき」も行う(12時45分~と16時~)。

 9日13時からは、福岡県糸島市にあるシェアハウスを経営するライター・畠山千春さんによるトークイベント「新米狩猟女子が挑む!新しいコミュニティーづくり」。11日15時から行う「三作神楽壮行演舞会」では、和田地区三作神楽保存会が国の重要無形民俗文化財にも指定されている伝統の舞を解説付きで披露する。

 23日10時30分からは、絵本作家ユニット・tupera tupera(ツペラツペラ)さんによる「絵本ライブ」(要整理券)を開催。読み聞かせやサイン会を行う。

 同館の櫻澤圭一館長は「現在の来館者数は190万人を超え、イベント期間中に200万人を突破する見込み。その感謝も込めて盛り上げていきたい。毎年2月を文化祭とし、ここでの発表を目標に活動する団体が増えれば」と話す。

 整理券は図書館3階カウンターで配布中。畠山さんのトークイベントは3階の市民活動支援センターで事前申し込みが必要。

  • はてなブックマークに追加