学ぶ・知る

光・たこ焼き店でカッターを使った魚の捌き方講座 「光まちゼミ」今年も

カッターナイフを使った魚の捌き方を教える松岡さん(右)

カッターナイフを使った魚の捌き方を教える松岡さん(右)

  •  
  •  

 光まちゼミ・カッターナイフで魚をさばく講座が11月6日、たこ焼き店「たこやきまっちゃん」(光市室積神田9、TEL 0833-78-1319)で開かれた。

「第2回 光まちゼミ」講座一覧

 同講座は光商工会議所、光商工会議所小売商業部会、大和商工会からなる実行委員会が企画した「光まちゼミ」の一環。「まちゼミ」とは、店主などが講師となり専門店ならではの専門知識やノウハウを教える少人数のミニ講座。2回目を迎える今回は「きれい」「食べる」「健康」「つくる」「学ぶ」の5つの分野で、全36講座を用意する。

[広告]

 たこ焼き店「たこやきまっちゃん」店主の松岡正雄さんは大の釣り好きで、2年前に骨折をするまでは、毎晩のように仲間と海釣りに出ていた。その際、船の上で手早くカッターで魚をさばくことを覚えたことから同講座を思いついたという。

 この日は、女性2人が参加。大型のカッターナイフを使い、タイやアジを3枚に下す方法を教わった。松岡さんは「骨に沿ってナイフを入れると切りやすい」と話す。同講座の評判を聞き田布施町から参加した女性は「カッターで魚がさばけるとは思いもしなかった。ブリなど魚を知人から丸ごと譲り受けた時は料理上手な親戚にお願いしたり、夫に任せたりしていた。来年は夫と参加したい」と話す。

 松岡さんは「包丁が切れないからとあきらめていた人に、カッターでも簡単に捌けることを知ってもらい、室積の魚をたくさんの人に味わってもらえたら」と呼び掛ける。

 その他の講座は「コーヒーのおいしい保存の仕方」(COFFEEBOY光店)、「バイク好き集まれ」(ST-WORKS)、「おうちカフェのテクニック」(菓子処ゆめ味咲)、「ナチュラルクリーニングで掃除」(オリーブ)のほかに「親子で楽しむキャンプ&BBQ」(いまい電器)「おしゃれな手作りなべしきをつくろう」(光ブラザー)「水引でアクセサリーつくり」(虹の文具館)など親子(小学4年生以上)で参加できる講座なども用意する。

 受講申し込みは各店で受け付ける。受講無料だが、材料費が必要な講座もある。各講座、定員あり。今月30日まで。問い合わせは光商工会議所(TEL 0833‐71‐0650)まで。

  • はてなブックマークに追加