学ぶ・知る

周南・遠石八幡宮で巫女研修会 学生巫女ら、心構え・作法を習い迎春の準備

巫女から装束の着替え方を習う女子高生ら

巫女から装束の着替え方を習う女子高生ら

  •  
  •  

 周南市の遠石八幡宮(周南市遠石)の儀式殿内で12月25日、正月に巫女(みこ)を務める女子高生らの研修会が開かれた。

巫女から装束の着替え方を習う女子高生ら

 研修会には、同市や下松市、防府市などの女子高生や女子学生の計27人のうち12人が参加。宮司の黒神直大さんが「一年のスタートを参拝者の皆さまに気持ちよくお参りしていただけるよう、笑顔で丁寧に対応してほしい」とあいさつした。

[広告]

 巫女の石田鈴香さんら3人から、装束の着替え方や心構え、同神社の歴史、神社特有の言葉遣い、作法や立ち振る舞いなどを習い、迎春の準備を整えた。

 初めて参加する高校3年生の片山佳子さんは「昨年参加した先輩からいい経験になると聞いて申し込んだ。緊張しているが頑張りたい」と話した。

 同神社は初詣で約20万人の参拝者を見込む。学生の巫女は26日から交代制で正月に向け縁起物の準備を行い、三が日は破魔矢やお守りの授与などを担当する。 

  • はてなブックマークに追加