買う

下松・小学生らに「くだまる」グッズ贈呈 ショウワノート協力のオリジナル学習帳も

「くだまる学習帳」を手に「くだまる」と記念撮影する児童

「くだまる学習帳」を手に「くだまる」と記念撮影する児童

  • 60

  •  

 下松市が9月17日、市内小中学生、幼稚園・保育園児らに下松市公式マスコットキャラクター「くだまる」のグッズをプレゼントし、公集小学校(下松市潮音町1)で贈呈式が行われた。

オリジナル学習帳「くだまる学習帳」

 下松市の「コロナに負けるな!みんなで頑張ろう!くだまるプロジェクト」の一環。度重なる休校で、夏休みが縮小されるなど、新型コロナウイルスの影響を受けている子どもたちを元気づけようと企画した。

[広告]

 贈呈式が同小学校で行われたのは、6年生の高藤杏菜さんの「くだまる」宛の暑中見舞いがきっかけ。「くだまる」の熱烈なファンという高藤さんのメッセージに応え、「くだまる」が来校した。

 今回、小学生に贈呈したグッズは、下松商工会議所が「ジャポニカ学習帳」を販売するショウワノート(富山県)に依頼し製造したオリジナル学習帳「くだまる学習帳」。同ノートのデザイン(画像などの第3者が著作権を有する部分は除く)は、ショウワノートの立体商標であり、同社の許諾を受け製作した。

 ノートは、B5判の5ミリ方眼紙で全30ページ。表紙には、くだまるが描かれており、裏表紙などには下松市や特産品である「笠戸ひらめ」の紹介や感染予防の呼び掛けが掲載されている。

 高藤さんは「初めてくだまるに会って、ますます大好きになった。今日くだまるに会えたことは、6年生の楽しい思い出の一つになった。いただいたノートは、毎日取り組んでいる自主学習ノートに使いたい」と笑顔を見せる。

 くだまる学習帳の価格は、330円。下松商工会議所や下松市栽培漁業センターで販売する。