食べる

周南に熊本の赤牛や馬肉料理を扱う「鉄板焼き 将」 鉄板で焼く創作串も

熊本直送の「馬刺し」は馬ヒモ、コーネ、フタエゴ、赤身、霜降り、馬レバ刺しの6種類を用意

熊本直送の「馬刺し」は馬ヒモ、コーネ、フタエゴ、赤身、霜降り、馬レバ刺しの6種類を用意

  •  

 周南の青空公園の近くに「鉄板焼き 将(しょう)」(周南市飯島町2、TEL 0834-39-6444)がオープンして3カ月たった。

周南の青空公園の近くにある店舗外観

 熊本のブランド牛「赤牛」や赤鶏、馬肉など、選び抜いた素材を鉄板焼きで楽しめる同店。落ち着いたモダンな雰囲気の店内には一枚板のカウンター10席と堀こたつ席が12席あり、貸し切りでは25人前後まで収容できる。

[広告]

 メニューは、赤牛のリブロース(2,100円~)やランプ(1,320円~)、赤身(1,050円~)などの鉄板焼きや馬タンスモーク(780円)やさくら餃子(560円)、馬ホルモン煮込み(880円)、馬ヒモステーキ(1,560円)などがある。馬刺しは単品での注文となり、霜降り(1,750円)や赤身(940円)、コーネ(730円)、フタエゴ(820円)、馬レバ刺し(1,780円)など6種類を用意。

 同店の「創作鉄板串」は、カウンター前にある大きな鉄板の上でオリーブオイルを使用し焼き上げるスタイルで、アスパラ豚巻き(250円)や馬ホルモン(300円)、子持ちコンニャク(190円)、辛味噌とうふ(160円)、長芋焼(180円)、オクラ塩焼き(150円)など42種類を用意。

 ドリンクメニューはビール各種(550円)、ハイボール各種(450円~)、カクテル各種(550円)、焼酎各種(500円~)、梅酒など果実酒各種、日本酒各種(以上500円~)、ウーロン茶、ジンジャーエール(以上300円)など。

 店長は「熊本の牧場から馬肉を直接仕入れているので鮮度やおいしさはどこの店にも負けない」と話し、「3カ月たち、常連さんも増えてきた。一夜干しや刺し身など日替わりで用意する『当店のおすすめ』もあるので気軽に立ち寄っていただけたら」と呼び掛ける。

 毎週火曜19時30分から、アコースティックギターの兄弟ユニット「Half Tone(ハーフトーン)」による生演奏もある。

 営業時間は18時~24時。