食べる

周南・岐山通りにベーカリーカフェ「ロクバン」 中国人店主は7人姉妹の6番目

中国人店主チャンさん(右)

中国人店主チャンさん(右)

  •  

 ベーカリーカフェ「6(ロクバン)」(周南市岐山通、TEL 0834-41-9106)が12月2日、周南市の岐山通り沿い、徳山高校近くにオープンした。

焼き立てのパンが並ぶ店内

 店主のチャン・モンシュさんは中国・ハルビン出身。6年前に来日し、2年前に周南市に移り住んだ。飲食業界で働きながらいつか自分の店を出したいと思っていたチャンさん。下関市の料理学校に1年間通い、同店をオープンさせた。店名は、自身が7人姉妹の6番目であることから名付けたという。

[広告]

 冷凍生地は使わず、全て当日朝に仕込んだ生地で作るため、パンは7種類のみ。ライスセサミブレッド(140円)、ポテトフォカッチャ、くるみチーズ(以上180円)、メープルバターツオップやバケット(以上300円)などがある。

 ほかに、菊花茶(5グラム=450円)、桂花茶(同=500円)、蝶豆花茶(同=400円)、五宝茶(240円)、八宝茶(300円)、水果茶(300円)など中国から取り寄せたお茶や、ガレット(260円)やサブレ(240円)などの焼き菓子、レアチーズ(390円)、クラッシックチョコレートケーキ(400円)、ピザ(1,000円)などを用意する。

 店内には、テーブル席が7席、カウンター席が2席あり、イートインできる。

 チャンさんは「学校帰りの学生さんやさまざまな世代の方に気軽に立ち寄ってほしい。パンのほかに体が温まる中国茶などそろえているので同世代の女性に試してほしい」と呼び掛ける。

 営業時間は9時30分~18時。水曜定休。