食べる 買う

ムック本「やまぐちのパン屋さん」発売 周南エリアでは17店掲載

本を持つ編集スタッフ 女性スタッフ8人で取材編集を行った

本を持つ編集スタッフ 女性スタッフ8人で取材編集を行った

  •  
  •  

 山口県の地域情報誌「トライアングル」を編集発行する「トライアングル」(周南市平原町)が11月30日、ムック本「やまぐちのパン屋さん」を発売した。

「やまぐちのパン屋さん」

 同編集部の田村桜子編集長によると、県内のカフェやランチ店のムック本は今までも発行してきたが、パン店を特集したムック本の出版は初めて。「パン特集をしたトライアングル3月号には多くの反響を頂いた。県内には素材や製法にこだわった個性的な店や伝統のある老舗など、まだまだ紹介したい店が多い」と出版のきっかけを話す。

[広告]

 県内6地域に分けて街中のパン店を紹介する「パンをもとめて、街あるき」や、営業が週3日以内の「曜日限定オープンのパン屋さん」、街から離れていても足を運びたくなる「郊外のパン屋さん」などのジャンルに分け104店を紹介する。周南エリアからは2016年春にオープンしたデニッシュ専門店の「メル」(周南市城ケ丘1)や「米粉パン工房mico(ミッコ)」(下松市末武上)、曜日限定のお店として光市室積中央町の「bon clair」(ボン・クレール)など17店を掲載する。

 各店の紹介ページにはメモ欄を用意する。田村さんは「パンを食べて楽しむのはもちろん、本を片手に個性豊かなパン屋さん訪れることを楽しんでほしい。店のことやパンについてどんどん書き込んで自分だけの一冊に育ててほしい」と話す。

 仕様はB5サイズ、カラー160ページ。価格は900円。県内の書店やコンビニで扱う。

  • はてなブックマークに追加