学ぶ・知る

下松にクラフトバンド作品専門店 収納カゴやバッグ展示販売、ワークショップも

古民家を改装した店内に並ぶクラフトバンド作品

古民家を改装した店内に並ぶクラフトバンド作品

  • 38

  •  

 手芸用紙ひも「クラフトバンド」を使った作品の専門店「かごらんど★すえたけ」(下松市望町5、TEL 090-3371-5349)が9月16日、「ガーデランドすえたけ」内にオープンした。

紙バンド作家・Yukiko Takahataさんによるテディベア「パピーベア」

 「ガーデランドすえたけ」は、建設会社「富士建設工業所」のエクステリア部門。2018(平成30)年秋、同社は施設内にハンドメード作品を販売するレンタルスペース「雑貨らんど★すえたけ」をオープン。事務所内スペースでは、「クラフトバンド(紙バンド)」を使ったかごバッグ作りや、プリザーブドフラワー、多肉植物の寄せ植えなどのワークショップを開催。地域住民の憩いの場となっていた。

[広告]

 新型コロナウイルスの影響を受け、三密となる同スペースでのワークショップ開催が難しくなったことから、「雑貨らんど★すえたけ」隣りの空き部屋を改装。店内では、「Japan Expo Paris2019」に出展経験のある紙バンド作家Yukiko Takahataさんや、光市在住の作家にいもりふじこさんなどのカゴや小物を展示・販売するほか、色とりどりのクラフトバンドやキットなどを販売。長テーブルを3台配置したワークショップスペースもある。

 10月から同店舗内で、にいもりさんが講師を務めるクラフトバンド手芸教室を行う。会費は月額3,600円(材料費別)。第1・3水曜=10時~12時、第1・3金曜=10時~12時、第2・4土曜=9時30分~11時30分。定員は各日6人。

 同社スタッフの堀内佐夜子さんは「クラフトバンド手芸は編み方もさまざまで奥深い。収納カゴや手提げバッグなど個性あふれる作品を扱っているので、手に取っていただけたら。コロナが終息したら、いろんなジャンルのワークショップを開催し、幅広い世代の人々に学ぶ楽しさを伝えていきたい」と意気込む。

 営業時間は10時~17時。木曜、第1・3日曜定休。

Stay at Home